いろいろとやってみてわかったこと2020/05/11

風が心地よく初夏の陽気になってきましたね🍀


長引く休校中、皆さんの学校はどう対応していますか?
息子の学校の場合ですが、1回だけ自宅に電話がかかってきて(しかも気が付かず留守電に)、先週宿題を提出しに学校へ行っただけです。あとは、プリントや手紙をもらって、自宅で自主学習、ですね。
正直、学校の対応はそれだけなんだ……と落胆の気持ちが大きいです。

友人や知り合いと連絡を取って、海外ではどうなのか、私立に通っているお子さん等の状況を聞けました。
日本の公立学校はストップしてしまっているのに、この状況でもオンライン環境を迅速に整え、やっているところは、やっている、のです。
もちろん出来ることは限られますが、コロナだから仕方がないでしょう〜と、呑気に言っていられる場合ではなくなりました。

やっと少しずつ再開、動いている自治体もありますが…。
教育の現場だけでなく、その他のいろんな判断も含めて、なんせ、お・そ・い。
民間ではありえない、スピード感。。
ちなみに、マスクはいつ届くのでしょう(^^;;

うちは会社を経営していますが、トップが未来を予測し、迅速な判断力や行動は、大切です。
それで未来が決まりますからね。


今回のコロナで、いろんな事がみえた気がします。
これから、まだまだ世の中は変わっていきますね。


アフターコロナは、想像以上に大変かもしれません。
経済格差、教育格差が加速していくと思います。




ほのぼのぴあの教室では、学びを止めないよう、オンラインレッスンだけでなく、生徒限定ページを作り、動画配信をしたり、情報共有や宿題配布ができるよう仕組み作りをしました。
初めてYouTube動画作成もやってみて、あ〜こうやるんだーと(^-^)納得。
普段の生活だったらやらなかったことが、外出自粛の今だからできたので、それはそれでよかったです。
幸いにも、ITには全くアレルギーがないので、いろいろやってみると、こんな世界があるんだ、とか、こうやるんだぁと、楽しめました。

そして、

学びを継続しているほのぼのぴあの教室の皆さんは、この時期に勉強したことは決して無駄になっていないですよ!プラスになっていきます!
それには、お家の方のご理解とご協力がないとできないことです。
快く受け入れていただいたことに心から感謝です。
休校が解除されるまで、あと少し、一緒に乗り越えていきましょう。




リモートワークの旦那と、休校中の息子には、家事の役割分担をして手伝いをしてもらっています(^ ^)
息子に花の水やりを担当させ、こんなに綺麗なバラが咲きました。




最後に、
緊急事態宣言が続き、大変な中でも生活を支えてくださっている方々、医療従事者の皆様に、心より感謝申し上げます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://piano-forte.asablo.jp/blog/2020/05/11/9245501/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。